しばらくの間、ショップお休みしております。

 

 

 

 

 

 


メンバー様専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード

 

 imgnafkin.jpg

 

 

ナフキンの裁断寸法

 


 

 

この寸法は右図寸法で作った場合のものです。
寸法を変えて作る場合は、以下のように計算してください。
   ・・・タテ寸法+縫い代1×2
   ・・・ヨコ寸法+縫い代1×2

 

 

ナフキンの作り方

 


 

説明がわかりやすいようにミシン糸の色を変えたりしていますが、基本は土台と同色で縫ってください。
裁断前に全工程の作り方に目を通されてから裁断をすることをお勧めします。

 

上図の裁断寸法に合わせて、生地を用意します。

ニットの生地は、生地を安定させる為に薄芯を貼ります。布帛を使用する場合は貼る必要はありません。
接着芯は糊の付いていない面でもアイロンをあてると糊が染み出してきてべたつきますので、必ず当て布をしてアイロンを当てます。

図案を写し、刺繍をします。
生地の間に片面のチャコペーパーを挟み、図案を置いてボールペンでなぞると写ります。
紙はコピーしての使用をお勧めしますが、何度も使う場合などはセロファンなどを当てるといいようです。最近は、水で消えるチャコペーパーなども市販されていますので、必要に応じてご用意ください。
刺繍の刺し方はumiのイラスト図案を利用される場合は、そちらに記載されています。

生地を中表に合わせ、四隅をマチ針で留め、間もマチ針で留めておきます。

周りを1cmの縫い代で縫います。

角は、写真のように一針抜くと後で返したときに綺麗に仕上がります。

返し口分で、縦方向に12cmくらい縫わずに明けておきます。
明けておいた部分は、6mmくらいの大きな針目でミシンをかけておきます。後でほどきます。

角の縫い代を三角に落とします。

縫い代を割ります。アイロンの入らない角の部分は、生地の片側を写真のように折ります。

それから更にもう一枚の生地も写真のように折ります。このように二段階に分けて角をしっかりたたむことで綺麗に角を出すことが出来ます。

返し口から表返します。角の部分は前工程でしっかりアイロンを当ててあるのを崩さないよう、手でしっかり持ちながら表に返します。
表返したら、四隅を目打ちで引き出します。

周囲をアイロンで押さえます。表と裏がぴったりと合うようにします。毛抜きのようにぴったりとさせるので、「毛抜き合わせに返す」といいます。

周囲にコバステッチをかけ、更に5mmくらい内側にもう一本ステッチをかけます。

糸始末をして、全体にアイロンを当てたら、完成です!

分かりづらいところがありましたら、メールにてご連絡ください。個別でのフォローは出来ませんが、HPの説明文を補足するなど、対応させていただきます。