しばらくの間、ショップお休みしております。

 

 

 

 

 

 


メンバー様専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード

 

imguwagutu.jpg

 

 

 上靴袋の裁断寸法

 


 



 

 

この寸法はラパンルージュの基本寸法で作った場合のものです。(右図参照)
寸法を変えて作る場合は、以下のように計算してください。

 

・・・(タテ寸法+ゆとり0.5)×2+マチ寸法+縫い代1×2
・・・ヨコ寸法+マチ寸法+ゆとり0.5+縫い代1×2
・・・ヒモ長さ+バックルヒモ長さ+縫い代1×2
・・・ヒモ幅×2+縫い代1×2
・・・マチ寸法+底みせ幅(*)×2+縫い代1×2

(*)サンプルではボーダー生地のこちらに見える幅を底見せ幅と表現させていただきました。

 

 

上靴袋の作り方

 


 

説明がわかりやすいようにミシン糸の色を変えたりしていますが、基本は土台と同色で縫ってください。
裁断前に全工程の作り方に目を通されてから裁断をすることをお勧めします。

 

上図の裁断寸法に合わせて、生地を用意します。

バックルはこのようなものを用意してください。他にDカンでもいいと思いますし、プラスチック製のものなども市販されています。

ニットの生地は、生地を安定させる為に薄芯を貼ります。布帛を使用する場合は貼る必要はありません。
持ち手もしっかりさせる為に中厚芯を貼っておきます。
接着芯は糊の付いていない面でもアイロンをあてると糊が染み出してきてべたつきますので、必ず当て布をしてアイロンを当てます。

裏側の生地、ここでは方向性のあるものを使用しましたので、そのような場合は底を接いでおきます。

底の中心に合印を入れます。後で底のボーダーの布と合わせるときに必要になります。二つ折りにして、中心を写真のようにほんの少し三角に切り込みを入れます。
ボーダーの生地も同じように縦方向の中心に合印を入れます。
同じ要領で、表生地、裏生地の横方向の中心にも合印を入れておきます。(口の部分です。)

底のボーダーの生地の端を1cm折ります。写真のように厚紙を当てると折りやすいです。
ボーダーやチェックは柄のどの部分を端に持ってくるかで仕上がりのイメージが全く変わってきますので、折る前に生地に合わせてみたりしながら決めてください。

こんなふうに、厚手のカレンダーなどでいろいろな幅の型紙を作っておくと、あらゆる場面で役立ちますよ!私にとっては必需品です。

底中心の合印をそれぞれ合わせ、全体を平らに置いて、マチ針で留めます。
それから、ミシンでコバステッチをかけます。

持ち手を作ります。まず、半分に折ってアイロンをかけます。

それから、2.5cm幅の厚紙を挟み、縫い代1cmを折りこみます。

反対側も同じように折り、このような状態にします。

コバステッチで、両端を縫います。
このようなミシンかけではどうしても下になる側が下送りで向こうに押されて、上側が押さえで手前に押され、ずれてしまいがちです。
下側を手前に引きながら縫うと、ずれずに仕上がります。
写真のようなコバ押さえは一つ持っておくととても便利ですよ!

持ち手をバックルの分と2つに分けます。
6cmと32cmにします。

6cmの方にはバックルをはさみ、32cmの方は二つ折りにしてミシンで仮止めします。

図案を写します。
生地の間に片面のチャコペーパーを挟み、図案を置いてボールペンでなぞると写ります。
紙はコピーしての使用をお勧めしますが、何度も使う場合などはセロファンなどを当てるといいようです。
最近は、水で消えるチャコペーパーなども市販されていますので、必要に応じてご用意ください。

図案に沿って刺繍します。
刺繍の刺し方はここでは省略させていただきます。
umiのイラスト図案を利用される場合は、そちらに記載されています。

脇線をマチ針で留めてから、1cmの縫い代で縫います。
底の部分は生地が二重になっているので、だぶついたりしがちです。目打ちで端をしっかり出しながらミシンの押さえを下ろしセットします。

底の切り替えのところで柄がずれたりしないように、目打ちでしっかり押さえながら縫い進めます。
裏生地の側面も1cm幅の縫い代で縫っておきます。裏の片側は返し口分を約12cmくらいあけておきます。

表生地、裏生地、それぞれ脇の縫い代をアイロンで割ります。

マチを縫います。脇線と底の中心を合わせて三角に角を出し、マチ針で留め、アイロンをかけておきます。
上靴袋の場合は、写真のように3cmずつです。
表生地、裏生地それぞれマチをとります。
方眼定規を使うと印つけがしやすいですよ!

印付けには色の濃い生地は白チャコ、薄い生地では後で消えるペンが使いやすいです。
チャコは後で取れなくなる可能性があるので、赤や青はあまり使わない方が良いと思います。

印のところをミシンで縫います。
縫い終わったら、一度表返して底の切り替えがずれていないか、底の中心と脇の中心がしっかり合っているか確認しましょう。
次工程で切り落としてしまうと、もう直せませんので、カットの前は慎重にします。

縫い代を1cm残して切り落とします。
マチが3cm以下の場合は、縫い代をそのまま残しておいても構いません。

持ち手を仮止めします。
最初につけておいた合印が内側になるように置いてミシンで留めます。

裏生地、表生地を中表にして口部分を合わせます。

脇線はずれないようにしっかりマチ針を留めてください。脇の縫い代は三角に落としておきます。
このように、不要な縫い代は付けないでおくと、ごろつかず仕上がりが綺麗です。

口の部分をぐるりと縫います。持ち手の部分は返し縫いをしてしっかりさせます。

口の部分の縫い代を割ります。
アイロンが入るところは出来るだけ割るようにして、無理なところは片側を折ります。

裏生地をふらせておきたいときは留めなくてもいいですが、底のマチの部分で表と裏を合わせて縫います。

裏生地にあけておいた返し口から表返し、口の部分をアイロンで押さえます。
表側に裏生地が出てしまわないように、裏生地を気持ち程度控えてアイロンをあてます。

口部分にコバステッチをかけます。

裏の返し口をかがって、糸始末、アイロンかけをしたら完成です

分かりづらいところがありましたら、メールにてご連絡ください。個別でのフォローは出来ませんが、HPの説明文を補足するなど、対応させていただきます。